2008年02月15日

あの時のきみの

あの時のきみが
さがしていた言葉は
どんな言葉だったんだろう
行く場所がなかったことや
戻る場所がなかったことを
きみ自身は知っていて
だけど涙をながしていたのは
そのせいではなかったよね
あの時のきみは
どうしてさがしていたんだろう
言葉そのものがきみの
とまりぎになると
信じていたからだろうか
きみをすくいあげる手のひら
きみをやすませるゆりかご
きみをふるわせる波の音が
きみにとっては言葉そのもの
だったのだろうか
あの時のきみが
触れたかった言葉は
どんな言葉だったのだろう
あの時川沿いの道を
ひとり歩いていたきみを
わたしはふりかえる
あの時のきみ
きみをすくいあげる言葉
きみを満たす言葉
あの時のきみを
やさしくやすませる言葉を
わたしは今もさがしている

(2008/02/15)
posted by bkntmrg at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・うた・言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。