2005年07月07日

詩の朗読「空へ」

  (MP3形式・1.3MB)



 「空へ」

ありがとうも ごめんなさいも 言いません
ただ わたしがここにいる
それだけです

からっぽになったわたしの心は
視線の向かう先だった
空の深い場所へと
最初から
じっとみつめていた場所へと
いつか
つながってゆく

言葉の花束は わたし自身へ
わたしならば 空へ
わたしの名前なら あなたに

それぞれもらってもらいたい


★★★


 メインサイト「ぼくのとまりぎ」に載せている詩です。

 詩作品としては、これが決定稿ですが、詩の朗読・音声ファイルとしては、いまだ発展の途上にいます。
 今後、何度も録りなおすつもりです。
posted by bkntmrg at 01:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 詩・うた・言葉 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4888959
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

詩の朗読「空へ」
Excerpt: 銀河の揺籃(http://crossbar.seesaa.net/)さんの7月7日のエントリで、 詩の朗読「空へ」(http://crossbar.seesaa.net/article/4888..
Weblog: Little Writing Weblog
Tracked: 2005-07-07 14:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。