2004年12月31日

ストーブの前で

 電気ストーブの前に坐り、手の先と足の先をあたためている。
 首を左に向けると、窓からのいつもの景色が、今日はうっすらと白い雪におおわれている。

 今年、別れた人と、今年、出逢った人。今ここにいる、この場所へと、わたしを導いていった様々な出来事。
 静かに降り積もるのは、雪ではなくて、言葉になっていく前の想い。うっすらと、わたしの心を、覆い、あたためる。

 (ああ、しあわせに、なりたいな。
 ゆっくり生きていきたいな。)

 目を閉じて、天を仰いで。
 あたたまった掌を、ストーブの前でそっと握る。


 首を左に向ける。
 窓の外には、しんしんと降り、いつもの景色を、白く、そっと覆っていく雪。
posted by bkntmrg at 15:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック

雪の大晦日
Excerpt: 今日、大阪では今年初めての雪が降った。 今年1年のいろんなことを、雪が白く清めてくれた感じで、大晦日にふさわしい日だった。 僕は腰を騙し騙し、何とか最低限の大掃除をして、1年の塵を払うことができた。 ..
Weblog: tonetalk
Tracked: 2005-01-01 23:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。