2009年08月23日

夏休みの思い出

 ラジオ体操を終え弟と私が帰ってくると、台所で大きな音がしている。途端に嬉しくなってしまう。台所へ駆け込むと、そこには出勤前のスーツ姿の父がいて、立ってタバコを吸っている。そして母がトマトジュースを作っている。ぎゅわーんぎゅわーんという大きな音はジューサーの音だ。八分割したトマトをジューサーに放り込み押さえつけるたびにぎゅわーんと大きな音がする。ジューサーのそばで、私たちは待っている。トマトジュースはトマトの赤よりも淡い色で出来上がる。コップに注ぎ、氷を二つ三つ入れ、長いスプーンでよく混ぜながら飲む。一杯目は出勤する父。二杯目と三杯目は母は弟と私にくれる。四杯目は母が飲む。
 わたしの、夏休みの思い出。家族がそろっていたあの頃が、懐かしい。あのトマトジュースが懐かしい。
posted by bkntmrg at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。